ジョン安らかに、自然の力は怖い

 記者も防護服を着て福島県川内村の警戒区域に入った。午前11時過ぎ、村民体育センターから報道陣用のバスに乗り、住民を乗せた5台のバスに続いた。



 道すがら、菜の花畑や豊かな山菜が見られ、初夏の彩りに包まれていた。だが、気密性の高い防護服は暑くて息苦しく、汗ばんでゴーグルは曇る。新緑の山道を30分ほど走り、吉野田和地区に着いた。10世帯17人が帰宅する地区だ。



 穏やかな風景と似合わない防護服姿の住民は、やりきれない思いで通帳や衣類などを袋に詰めていた。



 同県矢吹町で避難生活を送る秋元昭一さん(60)は自宅前で一度立ち止まり、恐る恐る犬小屋に近づいた。震災後、ペットの犬2匹に餌を与えるため自宅に数回戻ったが、この40日間、世話ができなかった。今回の帰宅の最大の目的は、愛犬の様子を確かめることだった。この日の帰宅ではペットの持ち出しは出来ないことになっている。



 「ジョン」――。愛犬の名を静かに呼んだ。反応がない。犬小屋に近づくと、アイリッシュセッターのジョン(雄、15歳)は、もう1匹の子犬と一緒に体を丸めたまま死んでいた。



 「助かる命だったのに、本当にごめん……」。肩を震わせ涙を流しながら、亡きがらをそっと抱きしめ、わらを敷いた穴に葬った。




飼い主さん自分を責めないでください

きっとジョンはわかってくれますよ

そして、犬が飼えるようになったらまたジョンが産まれ変わりあなたの元にきっと来ますよ

たくさんの犬が亡くなっていると思います

本当に悲しい、心が痛い


にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まず、ジョン君とチビちゃんの御冥福を祈ります。
私は3月末に、南三陸町の災害現場に消防緊急援助隊の一員として、3泊5日で活動してきました。
現場は、テレビで観ていた以上の惨劇で、自然に涙があふれました。
新聞・テレビでは、人の情報は沢山報道されますが、ペット達の状況はほとんど出ないですね。
亡くなられた方々の御冥福と、亡くなったペット達の御冥福を、お祈りいたします。
プロフィール

ダンシングヒロ

Author:ダンシングヒロ
奈良県の自然豊かな田舎でアイリッシュセターのブリ―ディングをし共に楽しく毎日を過ごしています。

*JKC公認A級ハンドラー資格取得

*アウトスタンディングブリーダー受賞

*JKC東京南アイリッシュセタークラブ会員

年に1度ですが、アイリッシュセター仲間を集めオフ会、焼き肉パーティーを開催しています。アイリッシュセターを飼ってるかた。ご参加ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR